2005年08月10日

雑貨的、愛地球博 〜ベルギー・リトアニア・イギリス編〜

ベルギー2.JPG
ベルギーは大きな大きなスクリーンで見せる動く壁画(?)や街の映像。まるで今自分が、ベルギーのその広場の真ん中に立っているかのような錯覚を受けるほど。ほら、今すぐ横からハトが飛び立った!って気になってしまいます。素敵な街並みでベルギーにとても興味を持ちました。
帰りはお約束のビールとベルギーワッフル・・のつもりでしたが入場よりも混んでいたので断念。

リトアニア.JPG
こちらはリトアニア館内。ぐるぐる巻きでしょ(笑)。リトアニアって言ったらリネンじゃない〜?とお土産ショップに急いだら(笑)琥珀がたっくさんでした。リトアニアは琥珀の産地なのね。
とても空いている館だったので中でかなり長い間休憩。minaもちびっこ広場のように遊び始めました。コンピューターで英語を駆使しながらロボットとお話ししたりするのも面白く、娘は子ども向けのゲームにはかなりはまった様子でした。

お次はイギリス館。行きたいと思いながらも未踏の国なので期待も高まります。
イギリス.JPG イギリスmina暑い.JPG
さすがガーデニングのお国。ほっと落ちつくグリーンが出迎えてくれます。有名なガーデンデザイナーさんたちの作品とか。どうりで素敵。でもやっぱり暑いんですよねぇ。。おしぼりで顔を冷やすmina。
イギリス1.JPG
徹底的に自然環境を考えるイギリス。でもそれが堅苦しくなく全てが体験できるようになっており、子どもたちは目をキラキラさせながら辛抱強く自分の順番を待っていました。もちろん大人も楽しい!現代の技術はすごいなぁ。。と今に生きているのに未来にいるかのよう。
イギリス2.JPG
この真剣な眼差し。。
こちらはこうもりはどうやって暗闇で餌を捕まえられるのか・・の体験シュミレーション。他にもヤモリやサメになったつもりのシュミレーションなど館内全てを体験してきました。子どもの目って心が弾むと本当にきらきら輝くのですね。目は心の鏡って本当だなーと。。いつまでも目の輝く大人でいなければ・・。。

つづく...




posted by keke at 21:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: ベルギーベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパの国。立憲君主制の連邦|連邦制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国と呼ばれる。欧州連合|欧州連合 (EU)..
Weblog: 『世界の国々』
Tracked: 2007-07-29 08:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。